しなやか手帖

ゆるりと気持ちよく生きる

気づいた!服の買い物で失敗しないためのマイルールはこれだ。


<スポンサードリンク>

こんにちは。しののめです。


夏になってきて、薄着の女性が増えましたね。

見てるだけで涼しげで、私もいそいそと衣装ケースから夏服を取り出しました。



そして夏服を整理していて気づいたこと。


去年買った服、失敗が多いな!
ということ。


別に買わなくても良かったな、という服がちらほら。


そんな服たちに共通点があったので
失敗しないためのマイルールとして書き出してみます。


安いから買わない

買うときの鉄板のお約束です。安いから買わない。


「あ、これ安いから買っておくか」で買ったものは、後から着ないことが多いです。


とくにファストファッションは注意が必要。



たまたま欲しかった服が安い場合はいいですが、安いから買うのはご法度。



私もだいぶ「安い!買おう!」と思うことは減りましたが、たまにそういう気持ちが出てくるので気をつけよう。




疲れてる時に買わない

本当にね、疲れてる時の買い物ほどいいものはありません。



後から「あっ買わないならよかった」と思う服の半分は疲れてる時に買ってるんですね。



疲れてるってことは脳が正常な思考をしていない。なので、間違いも増えます。



疲れてたらちょっと休むか、空腹を満たすか、疲れをとってから買い物しましょう。



とくに空腹!


女性はお腹が空くとイライラしがちですし、空腹と物欲を間違えかねないですし。



万全の体調のときに買い物すべし。





ときめくものか感じる


これが1番大切。



ときめくかどうか。それを持ってるだけでウキウキするかどうか。



ウキウキする服は自分にとって価値があるので少し値段が高くても「買ってよかったもの」になると思います。



満足感があります。



私も今年は夏服を少しだけ買ったんですが、どれも着ていてワクワクします。



お値段は高かったけど、買わないならよかったとは思いません。



そして満足感があるので、無駄な消費も抑えられるのです。





なんか使うかも、で買わない

去年失敗してるのが、この理由。



なんとなく安いものを、使いやすそうかも、、
という理由で買ったけど



お気に入りじゃないので着るのを躊躇するんですね。



これが欲しい!という強烈な気持ちがないものは買うのをやめようと思いました。



とくにユニクロとgu
ベストヒットアイテムもあれば、失敗率も高いような気がする...



ベストヒットしても1年でヨレヨレになりがちなので、考えものです。




試着で違和感を感じたら買わない

例えば試着室で「このリボンさえなければいいな。家でどうにかして着るか」みたいな時買った服は失敗することが多いです。



古着屋でめちゃくちゃ可愛いワンピースを買ったとき。試着室でどうしても匂いが気になったんですね。



でも、家で洗濯すればとれるだろうなと不安もありつつ買ったのですが

結局、匂いはとれず



最終的にワンピースを捨てることになりました。



みなさんはこんなことはないと思いますが、試着室で感じた違和感は家でも続くことがあります。




よくあるのが「このアイテム3wayなんですよ〜っ」て服。

こいつには気をつけたほうがいいです。結局1wayでしか着ないことが多いので。




まとめ


以上が私の洋服の失敗談を踏まえた、買うときのマイルールでした!

自分でも気をつけようと改めて思いました。


読んでいただき
ありがとうございます。