東京しなやか手帖

自分を、生きる人生を!

愛着のある洋服の捨て方。私なりのこだわり。

 

f:id:happysinoppy:20170718230427j:image

 

こんばんは。しののめです。

 

銀魂の熱が冷めやらぬ。まだまだ話していたい気分ですが、今日は服の話です!

 

 

着れるけど疲れきった服

 

冬服の整理をしていると、着ていない服を発見しました。

 

それから愛着があってまだまだ着たいけど疲れきった服も発見。

 

 

 

着ていない服は売ればいい話なんですが、問題は疲れきった服よね。

  

正直、愛着がある服は捨てたくない!

気に入ってるし、このデザインはもう見つからないかもしれない。

 
この襟のデザインが可愛いくてね、どのボトムスにも合うし、自分ににあったなぁ

そう思うとなかなか捨てれない・・・!

 

 

 

しかし、お気に入りのあまり着すぎていて、疲れきっている。毛玉もたくさんある。

 

売って誰かがまた1から着るってことは、服が少しかわいそう。なので売るのはなし。

 

 

 

じゃあ、また来年も着るか?着てもいいけど、ちょっとヨレヨレだぞ。可愛いけど、洋服の輪郭がなくなってるぞ。

 

もうお役目は終わったんじゃない?たくさん着たしいいんじゃない?もう疲れてるしさ。

 

 

 

って声が聞こえてきて、結局捨てることにしました。

 

 

 

疲れきって輪郭がない洋服は、着ていてハリがありません。お気に入りでも、やっぱり布の劣化に影響を受けてしまう気がするんだよね。

 

着ているものに気持ちが左右されやすいので、お気に入りですごく好きだったデザインでも、劣化してしまったらバイバイをするほうがいいのかなーって思います。

 

また新しいデザインとの出会いを楽しみにして断捨離です!

 

 

 

洋服の捨て方

 

断捨離のブログは沢山あるけど、捨て方(例えばいままで大事にしていたものをゴミに出すとき)の記事ってあんまり読んだことがない。

 

みんな洋服とかどうやって捨ててるんだろう?

 

 

個人的には神社に持って行って、どんど焼きで焼いて欲しいぐらい、洋服を捨てるときは自分のカタミを捨てるような気持ちになります笑

 

 

 

古着の日に出すか、燃えるゴミの日に出すかですよね。

 

私は燃えるゴミの日に出しています。もう着れないからです。

 

 

 

ただ、そのまま燃えるゴミの袋には入れません。

 

 

 

普通の服だったら紙袋や別のビニール袋に入れて、できるだけ綺麗な状態でゴミ袋に入れます。

 

アンダーウェアも同じで、キッチンペーパーや可愛い袋に入れて、ゴミ袋に入れています。

 

 

なんでそうするかというと、単純に気持ち悪いから。なんか、そうしないと生理的に気持ち悪い。

 

 

自分が好きで着ていた服を残飯と一緒にしたくないし、鼻水ティッシュと一緒にもしたくない。できれば最後まで綺麗な状態で燃え尽きて欲しい。という最後のお願い。

 

 

 

いままでありがとう!

っていう最後のお見送りなのかもしれません。

 

 

 

もちろん、洋服だけをゴミ袋に入れて出せばいいのかもせれませんが

今回はそんなに捨てなかったので、違う紙袋に入れて他のゴミと捨てるという方法を取りました。

 

 

また可愛い服に出会えますよーに