東京しなやか手帖

明るく、健やかに、生きていこう

【九州旅行記.5】5泊6日のコーディネート。南国で役立ったお洋服たち。


<スポンサードリンク>

 

今回は旅行といいつつ帰省だったこともあり、とても少ない荷物で旅立つことができました。

 

足りなかったら母親の借りればいいよね、という気楽さ。

 

 

持っていったものは

・Tシャツ2枚

・麻のロングスカート

・ポリエステルのちょっと可愛いオールインワン

・デザイン性のある白のトップス

・タンクトップ3枚

・肌着3セット

・黒のジーンズ

 

それから部屋着用に

・ジャージ

・ドレステリアのパーカー

・黄色のカーディガン

・寝巻きにもできるTシャツ

 

こんな感じです。結構多いですね。次からはリュック1つで帰省したい!

 

 

必要なかったな~って思ったのは黄色のカーディガン。とにかく九州は常夏だったので上着を着るタイミングがありませんでした。

 

ご飯を食べに行くときに羽織ったのはグレーのドレステリアのパーカーで、結局旅のときはベーシックなアイテムが便利だなとしみじみ。

 

ドレステリアのパーカーは形もおしゃれなので何かと使えます。

 

 

それから黒のACNEのスキニーは結構使える!と思って持っていったら
まさかの入らない!! 笑

 

久しぶりに着たら太ってしまっていて、着ることができなかったです。あと、スキニーは暑い!

 

暑いのでピタピタしたものはちょっと難しい。南国ではサラッと着れるものが最高でした。

 

 

活躍したユニクロユーのクルーネックT

 

f:id:happysinoppy:20170707185356p:plain

 

今回の旅の功労者はこのユニクロユーから発売しているクルーネックTです。

 

旅の前日に「白いTシャツがないな」と思ってユニクロに偵察に行った時に買いました。形や襟の周りが最高です。

 

胸元が空いてないデザインが似合うのでこのTシャツは最高でした。襟がとても詰まってます。生地の厚さもちょうどいい。

 

地元で祖母と母もお揃いで買いましたもう1枚買おうかなってぐらい、着やすい。

 

しかもこれでお値段1000円って。嘘でしょー!


白Tは何にでも合うから着やすいし、汚れやすいから安いほうが気兼ねなく着れていいよね。

 

しかも南国にはサラッと綿100%Tシャツの方が汗も吸収してくれるし、ベタつかないし、いいです。Tシャツ最THE高。

 

ユニクロ|クルーネックT(半袖)|WOMEN(レディース)|公式オンラインストア(通販サイト)

 

 

買ってよかった!麻のスカート

f:id:happysinoppy:20170706235117j:plain

 

そしてもう一つが、この赤いスカートです。外側が麻、裏生地が綿というベストな組み合わせ。

 

これは本当に心の底から「買ってよかった!!!」と大声で叫びたいぐらいお気に入りのスカート。

 

 

これも裏話があってね

 

いつもいくBEAMSで初めて店員さんに「何かおすすめありますか?」って聞いてみたの。

 

いつもは絶対聞かないし、自分で決めて買うんだけど。最近どんな服を着ていいかわからないな~って洋服迷子だったので思い切って聞いてみたんです。

 

そのとき店員さんが持ってきてくれたのがこの赤いスカート。

 

正直ビビットな色だし、自分では選ばないやつなんですが着てみたらあら不思議。似合うじゃありませんか。

 

自分のことは自分ではよく知らないって言うけどそうなのかもなぁと思いました。

 

もう一つおすすめしてくれたTシャツもお買い上げ。チョイスがいい。全部私に似合う!最高の店員さんに出会ってしまったかもしれない。

 

 

こんなに満足のいくお買い物をしたのは久しぶりかも。ってぐらい、この赤いスカートは買ってよかったです。

 

なにせ、海や山に映える!

 

 f:id:happysinoppy:20170707192022j:image

 

f:id:happysinoppy:20170707185903j:plain

 

(この写真のトップスもユニクロユーです)

 

これも汗をかいてもベタつかないし、ちょっとスタイルもよく見えるし、中は空洞なので涼しいし。ってことで旅の間はヘビロテさせていただきました。ありがとう~!BEAMS~!

 

 

まとめ

初めてお買い物日記というか?服について書いてみたけど面白いじゃありませんか。書いていて筆が進むこと進むこと。

 

そういえばグッドモーニングコールの巻末の作者のお買い物日記とか、西村しのぶ先生や槙村さとる先生が描くお買い物日記も好きだったなぁと思い出す。

 

そこまで服に情熱があるわけじゃありませんが、やっぱり女子だし、お洋服は好きなんだなぁ。