東京しなやか手帖

明るく、健やかに、生きていこう

疲れている時に行動することと、急いで何かをすることはやめようと誓った。


<スポンサードリンク>

 

これは自分記録なんだけど、疲れてるときは何もしない方がいいな、とあらためて思うような出来事がおこった。

 

わたしは疲れていても、結果のためについつい行動してしまうんだけど、それがうまくいったことがない。なんなら悪い結果になる。たぶん疲れてるから。

 

潜在的に「やりたくないな」っておもって、やることってうまくいかないのかも。

 

それを無視して、一昨日は買ったばかりのワンピースを一度も着ることもなく捨てなければいけないような状況にしてしまった。

 

ちょっと急いでいて、そして疲れていて、それでも結果に向かって行動を起こした結果がこれ。

 

未だに落ち込んでいて、テンションをあげるべく、美味しいもの食べたり、好きな音楽を聴いたりしてみるんだけどなかなかテンションはあがらない。

 

その場で一瞬は楽しくなるけど、ワンピースのことを思い出して暗い気持ちになってしまうのだ。

 

まぁ、こんな感じで本当にわたしはアホだな。と思うことが、定期的にやってくる。

 

そう、わたしはアホなんだよー。

疲れてるのに行動し、思い切りのよい行動をし、結果悪いことになるという。泣きたい!

 

でも、師匠がいつもいう「明るいアホになれ」という言葉を思い出して、いつまでもジメジメ暗くならず前を向いて明るく考えようと思う。

 

アホはアホなりに、これで学んで今後の人生に活かそうと思います。

 

そんでもって、やっぱり今までのことを思い返すと

急いで何かをすることと、疲れている時に行動することはよくないです。

 

急がない、待つの。

 

ブルゾンちえみのセリフが脳内に何度も響き渡る、そんなゴールデンウィーク。

 

焦りは禁物、待ちましょう。