しなやか手帖

ゆるりと気持ちよく生きる

大学生のとき「可愛くなりたい!」と思ったわたしが実践した5つのこと。


<スポンサードリンク>

f:id:happysinoppy:20180315140500p:plain

 

女子力がなかった日々。

「可愛くなりたい」と思うことは女の子なら当たり前の欲求だと思いますが、私は大学に入るまでそんなことを考えたこともありませんでした。

 

家庭環境や周りのことでいっぱいいっぱいで、自分に時間をかけることをほとんどしていなかったからです。

 

そんなことは無駄だと思っていたので「可愛くなって何か得するの?」と可愛さに対して否定的でした。

 

 

しかし、大学に入って周りの女子大生のキラキラパワーに憧れて次第に思うようになったのです…

 

「モテたい」

「もっと大切に扱われたい」

 

 

そのころの私は、化粧もあまりせず服装もボーイッシュ!

 

ダメージの入った服をよく着ていて(虫に食われたわけではない)見た目に関して頓着がなかった。

 

しかし、変わりたいという思いで以下のことを実行して急激に 周りから褒められるように!!!また、扱い方も変わりました。

 

本当に驚くぐらい言われはじめたので 「見た目って大切なんだな~」とあらためて感じました。

 

 

見た目編

その1 髪型を変える

髪型はめちゃくちゃ重要です。

 

なぜならば、顔の面積より、髪の毛の面積の方が広いから!

 

私は雑誌に載っている有名なサロンに行くようになりました。

 

好きな髪型よりも似合う髪型にすることが重要です。美容師さんと相談しましょう。

 

そして黒髪でも茶髪でも「ツヤ感」が大切です。 ボサボサしていて、パサついてると「子疲れしたお母さん感」がでてしまいますよね笑

 

朝は、起きて手グシで整えて家を出るなんてこともありましたが、きちんとブローしてツヤツヤのサラサラにすると美女感がちがいます。

 

アイドルの子も女優さんも髪の毛はサラサラだしね。

 

また、ボサボサの髪の毛は生活感がでます。だらしがない子なのかな?と第一印象で思われるのも嫌ですよね。

 

何が何でも髪の毛だけは、綺麗にセットしていると自分自身も居心地がいいです。

 

 

その2 服装を変える

  今まで黒・灰色の服ばっかり着ていたのをやめました。

 

人は明るい色に目がいきます。

 

なので、花柄やピンク、パステルの服を買うように。

 

イメージはTHE女子大生という感じの服を着ていました。

 

結果、黒や灰色を着ていたときよりも「自分のこと大切にしている感」があがるようになった。  

 

20代後半になってからも、あまり黒の服は買わずに相変わらず明るい色の服を買っています。

 

 

 

その3 アクセサリーをつける

可愛い子や、ツヤ感のある子、おしゃれな子って どこかしらにアクセサリーつけてませんか?

 

高いものではなくていいです。300円とか安いものでもいいからつけておくと女度があがります。

 

とくにイヤリングやピアスは顔周りが華やぐのでマストアイテム。

 

今までゼロアクセサリーで生きてきましたが習慣化するようにしました。 オシャレ感がグッとあがるように。  

 

 

メンタル編

その4 自分の女性性を否定しない

小さい頃から背が高かったし、スポーツに明け暮れていたので 自分が「女性」という意識が低かったわたし…

 

 

なんだか「おんなのこ」っぽくすることが恥ずかしかったんですね。

 

でも、せっかく女の子に生まれてきたのに自分が可哀想だなと思ったので、とにかく女の子らしく振舞うようにしました。

 

友達の女の子っぽい子を真似してみると早いかも。

座り方、言葉遣い、行動・・・すべてに意識を向けました。  

 

 

その5 自分の本当の気持ちを大切にする

人生において大切なことですね。

 

たぶんずっと心の中で「可愛くなりたい」「可愛い服を着たい」「おしゃれしたい」 という思いがありましたが

 

育った環境や生活でその感情を素直に受け止めてなかったんだと思います。

 

 

どこかで反発していましたが、少しずつ受け入れていくことで

自分をより大切に扱えるようになりました。

 

自分の気持ちを大切にしてみてください。人生が楽しくなります。  

 

 

まとめ

以上5つでした。

 

どうでしたか? この5つのことは、初歩中の初歩だと思いますが女子力ゼロの人にはオススメの5つです。

 

実践していけば必ず変わることができるはず…!

 

ちなみに大学生のときにやったことなので、今とは少しちがいます。

 

それでもやっぱりあらためて「うんうん。大切だよね」と思うことばかり。

 

 次に読んで欲しい記事

happysinoppy.hateblo.jp

 

happysinoppy.hateblo.jp