東京しなやか手帖

明るく、健やかに、生きていこう

『丁寧な暮らし』もしなくていいし『ミニマリスト』にもならなくていい!っていう気持ち。


<スポンサードリンク>

 

f:id:happysinoppy:20170305001101j:plain

 

丁寧な暮らしってなんだか憧れるワードですよね。

 

ブログでもこのテーマで書いている人は多い。

ミニマリストもそう。

 

ブログ村では「ミニマリスト」系のキーワードが賑わっています。

 

 

人それぞれ、思い浮かべることは違うと思うけど私が頭に浮かぶイメージは

 

毎日落ち着いていて暮らしていて

好きな事していて充実していて

好きなモノに囲まれて暮らしていて

家の中は整理整頓されていて

無印良品や100円均一で統一されていて…

 

みたいな感じ。

 

ブログでも『丁寧な暮らし』をテーマに書いている人はそういう雰囲気の人が多い気がします。

 

ミニマリストとかもそうかな。

 

でも、ちょっと思うことがあるんです。

 

<スポンサードリンク>

 

 

なんでやるの?と一度考えてみる

 

そもそもなぜ私たちは丁寧な暮らしをしたいのでしょうか。

なぜミニマリストになるのでしょうか。

なぜ断捨離をするのでしょうか。

 

 

わたしが考える一番の理由は

 

時間に追われる現代で、自分自身を無視しがちな現代で

自分を忘れることなくきちんと自分と一緒に毎日を積み重ねて楽しんで生きていく

 

丁寧な暮らしやミニマリストはそれをする手段なのではないのではないか、と思います。

 

 

手段を目的にしない

 

いろんな人のブログを見ていて「わぁ、こんな生活いいな」と思う反面「私はこんな生活に程遠いな」って落ち込む人とかもいると思うんです。

 

忙しくて部屋が散らかったり

ものがどうしても少なくできなかったり

子供が小さくて自分の時間が取れなかったり

 

 

それで人と自分を比べて「あぁ、なんでこんなに」と落ち込むことがあると思います。

 

私もたまに落ち込みます。

あんなに綺麗に、丁寧に、きちんと過ごせないな。って。

 

でも丁寧な暮らしもミニマリストも断捨離も手段でしかないんです。

 

部屋を綺麗にするのも

自分の時間をゆっくりとるのも

 

結局は自分自身が最終的に楽しく毎日を過ごせるための手段。

 

なのでその、手段ができなくなったからといって落ち込まなくてもよくて

 

どんな生活でも結局のところ自分が楽しく幸せに生きていればいいと思うんです。

 

ものが多くても、それで幸せなら、楽しいなら、イキイキしているならOKではないでしょうか。

 

 

部屋が汚くても

ちょっと忙しくて一時的にいっぱいいっぱいになっても

 

それは子供に愛情を注いでるという時間が逆にあるかもしれないし

仕事が充実しているという証拠でもある

 

 

それで自分が嫌なら、きれいにしたり、自分で意識的に時間を作ればいいけど

 

そんな手段である『丁寧な暮らし』ができないことで落ち込むことは何もない。

 

結局のところ、どんな生活でも自分にとって楽しければいいのだなー

とあらためて思うんです。

 

『丁寧な暮らし』よりも「自分にとってどんな暮らしが楽しいのか」を考えよ!って。

 

 

心が先に来ていたい

 

流行っているという理由もあるような気がしますが

 

ミニマリストや断捨離の記事をみんなが書いていると自分も書いてみたい気持ちになります。

 

賑わっているのをみると尚更そう思います。

私も仲間にいーれーてっ!って。笑

 

でもその手段が先に来たらいけないと思いました。

 

なんで自分はここがうまくいかないんだ?と考えに考えた先に

 

ミニマリストや断捨離が来た方がいいような気がするんですよね。

(わたしはね)

 

私は心が整えば部屋も整うと思うんです。

 

逆に部屋が整うから心が整うという考え方もあると思います。

 

どちらが先でもぜんぜんいいんだけど

手段ばかりみて「あれ?そういえばなんで私はこれをしているんだっけ?」って思いにならないように気をつけたい。

 

 

まとめ

 

丁寧な生活やミニマリスト系の記事を見るのは好きです。

 

で、「いいな~ブログも人気そうだし~」みたいに思って、私もミニマリストになろうかな!と思うこともあります。

 

ええ、意思が弱いです笑

 

でも、考えても自分にはそうなる理由が今のところ見当たりませんでした。

 

私の今のところの毎日の生活は「丁寧な暮らし」よりも

「私にとって楽しくて素敵な生活」でお送りする予定です。

 

そっちのほうがなんだか自分にしっくりくるかな。