読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京しなやか手帖

ティータイムをこよなく愛している20代女子のブログ。好奇心旺盛なわたしのスキルアップの毎日をお届け。

【1年目】健康的に太る方法を実践したまとめ。体重は4キロ増【まとめ】

健康 健康的に太る方法

 

久しぶりの太る方法のブログ記事です!
わたしはデブ活動と読んでいます。

 

デブ活=デブ活動

ガリガリ体型で鶏ガラのようなわたしが「重度の栄養欠乏」を医者に言い渡されたことをきっかけに始めた活動のことを指す。健康的に太るために糖質制限をして、積極的たんぱく質摂取により適度なデブを目指しております。

 

たぶん簡単に太ろうと思ったら糖質をモリモリ食べればいい。

でもそれって不健康。

昔のわたしは糖質をとりすぎてそれが原因で栄養が吸収できにくい身体になりました。

 

なので糖質制限をしつつ積極的にタンパク質を食べるという方法で太ることに決めたんです。

糖質制限=ダイエットと考えられがちですが、痩せていて「太れない人」にも有効なんですよ。

 

 

これまでの軌跡

f:id:happysinoppy:20160922222733j:plain

 

▼デブ活動をはじめた経緯。それまでの体調の悪さなどなど。

happysinoppy.hateblo.jp

▼食事の量の話

happysinoppy.hateblo.jp

▼飲んでみたものたち

happysinoppy.hateblo.jp

happysinoppy.hateblo.jp

 

 

健康的に太る方法を実践しはじめて1年がたちました

じつは病院に行って「重度の栄養欠乏」と診断されたのが去年の11月のこと。そこから糖質制限を用いたデブ活動をはじめたのでちょうど今、1年がたったということです!

 

1年続けてみて思ったことですが
ダイエットなんかよりも続けるのはめちゃくちゃ楽チンです。

 

痩せないと!と思っていたときに行っていたダイエット、筋トレ、ジョギング、断食…
色々と試してきましたがどれも続けるのって大変ですよね。数週間ならできるけど1年というスパンで考えると難しい。

 

でもね、糖質制限は食べものを選んだ上で美味しいものを食べるだけ

 

といっても逆に結果が出にくいものでもあるので私は「食べる」ってこと自体がストレスになったりもしましたけどね…

>>食べるのが辛いときもある。内側の声を聞く。

 

しかも私の場合太るだけでなく具合の悪さに響くので「食べないと!」という脅迫観念が強くて(笑)それでストレスになってしまったみたいです。

 

それでも マクロビオティックや断食もしていたときよりも、身を持って「いい感じだな」と感じています。

 

 

心を緩めたら急激に太った

そんな感じで数週間前まで「食べないと!」とイライラすることが多かった私。

 

実生活でもそんな感情が邪魔してか、悪いことばかり起きたり変な人を引き寄せたり…!笑

でもそんなお告げもあり、いろんなことが重なって「おいしく食べること」の重大さにふと気づいて。頑張って食べるんじゃなくて「そのとき食べたいのもの食べよう~!」というメンタルにシフト。

 

もちろんあまり糖質を取らないようにはするんだけど、食べたいなら食べてOK。ってかんじでゆるゆる~とゆるめた。

 

そしたらここ何日間かで身体が急激にまぁるくなりました。
体重は増えても身体自体は変化がありませんでしたが、気持ちって大事ね~

 

気持ちを緩めたら身体もゆるまるんだなぁ~と実感しました。

 

糖質食べても自分の身体に敏感になってるから「ん?やっぱり美味しくないかも」と思って食べないことが多かったし。

 

自分の体調によってイライラすることもあるけど、気持ちを緩めることを忘れないようにしよう。

 

 

1年の体重の変化47キロ⇒51キロ

 

心がゆるまり、「あれ?なんか目に見えて太ってきたいんじゃない?」と思って体重計に乗ってみると51キロに!久し振りにみた数字でした。(ちなみに身長は166cm)

 

数字よりも何よりも、目に見えて太ってきたんですね(笑)

 

いつもは顔⇒足⇒腹⇒バスト

ってかんじで太るのに

 

いまはふともも⇒腹⇒バスト

ってかんじで、そこまで顔に出てないので嬉しい。やつれてたのが治ったぐらいかなと思う。

 

ちなみに腕はあんまり太らない。これから二の腕がたっっぷりしてくるのかな?と思っているけど、いまのところ普通。

 

目に見えて肥えたのは太ももと腹部!全体的にうっすら脂肪がまとって、肋骨や助骨が浮き出ていたやつがあんまりわからなくなったことが嬉しい!

 

 

日々の食生活

この1年間で何が増えたかって焼肉屋さんに行く回数だったりします。

隙あれば焼肉屋へ行きました。家族とも友達とも一人でも。焼肉屋ではご飯もお酒も飲まずにとにかく肉でお腹をいっぱいにします。

 

すると驚くのですがまったく胃もたれもしませんし、次の日の体調もいいです。疲れたら焼肉に行くというルーティーンができました笑

 

 

朝ごはんは2個目玉焼き、豚をしゃぶしゃぶ、肉を焼くが定番です。ほぼこれ。朝ごはんでタンパク質をしっかり食べるかどうかでその日の体調が決まります。

 

朝からサンドイッチやパン、お茶漬けなんて食べた日がありませんでした。そのぐらい毎日目玉焼きばっかり食べてた。

 

 

ランチはファミレスやねぎし(っていう都内にあるタン定食屋さん)ばっかりでしたね。うどん屋さんにも1~2回ぐらいかな。ラーメンは好きだから何回か行ったけど、それでも餃子や卵を増やしたり、バランスよくしていました。

 

いままで1年間で10の白米を食べてたとしたら
1年間で2ぐらいの白米になったかな。

 

そのぐらい、ごはんは食べなかった。食べないほうが調子よくて、その分お肉をたくさん食べれるから嬉しかったかな。ただ、なかなかお腹いっぱいにするの大変だったけど。

 

 

生活に根付いたもの

すでに1年間続けていると生活の一部になっています。

無理して糖質を食べないようにしているというよりも、心地いいから食べてない。みたいな感じ。

 

 体質が変わるのは3年ぐらいかかるみたいだから「よし!万全!体調よいー!」と目指すべきところにいくまではあと2年ぐらいかかると思います。

 

でも自分の心地よさを続けていくために、上にも書いたようにゆるゆると続けていこうとおもいました。

 

 

まとめ

1年続いたことに感謝しつつ、美味しいものを食べれることにも感謝しつつ、これからもデブ活動(糖質制限)ふわふわ~と続けていきたいと思っています。