東京しなやか手帖

明るく、健やかに、生きていこう

アメトークの『読書芸人』を観て読みたくなった本たち。人のおすすめ小説を知るのは面白いよね。


<スポンサードリンク>

 

アメトークの読書芸人が面白かったです。
こんばんは。しののめです。

 

楽しみにしていたアメトーク。本日は『読書芸人』

 

ロケ地の代官山の蔦屋は混みすぎて好きじゃないけど、本屋さんは大好きです。ついつい寄って立ち読みしてしまう。

 

住んでいる近くに何件も本屋さんがあるけど、本屋さんによって置いてある本や、おすすめしてある本が違ってて楽しいですよねー!ついついいつも同じ本屋に行きがちだけど。

 

ここ数年は実用書ばかり読んでいましたが、最近は小説がブーム。小中高と小説ばかり読んでいたので、なんだか懐かしい感覚です。

 

読書芸人では小説をたくさんおすすめしていたので、わたしの中の小説ブームをさらに加速させてくれました!読みたくなった本がたくさんある!

 

 

読書芸人観て読みたくなった本

 

 

ジニのパズル

ジニのパズル

 

とくに読みたくなった本が又吉さんが紹介していたこちらの本。『ジニのパズル』

小説家の人がおすすめしているそうですが、個人的に装丁が可愛すぎる!

また主人公がジニなの?ジニってなに?若い女の子の名前?と妄想が広がります。

 

 

 

マチネの終わりに

マチネの終わりに

 

それから名前は聞いたことがあった『マチネの終わりに』も読んでみたくなった!マチネといえば舞台でよく聞く用語だけど、恋愛小説らしい。こちらも装丁が素敵。

 

 

 

美しい距離

美しい距離

 

こちらも装丁が綺麗。『美しい距離』恋愛ものなのかな?見た目から繊細そうな中身を想像しています。

 

どれもこれも、なんだか見たことはあったけど読んだことはなかった本たち。あらためておすすめされると猛烈に読んでみたくなりますよね。

 

売れてるからと言って面白いとは限りませんが、今度本屋さんに行ったら手に取ってみようと思いました。

わたしの本の選び方

フラッと小説を買うときにわたしが決め手にするのは冒頭の数行なのですが、それと同時に装丁の素敵さに釣られて買うときが多いです。

 

小学生のときなんか読む本は装丁で決めてたぐらい、見た目から入るタイプです(笑)意外とハズレがありそうだけど、そうでもないんですよ!

 

小学生のときに見た目が好きで手にとった森絵都さんの『カラフル』なんて人生で一番好きな小説といっても過言ではないし、意外と見た目の良さも大事なのではと密かに思っています。

 

でも「この装丁ださいな~」と思っていても読んでみると面白い小説との出会いが今年は多かったので、そろそろ中身を見抜ける大人になっていきたいものですね(笑)

 

 

今、読んでいる本

 

ちなみに今、現在進行形で読んでいる本は森見登美彦さんの『美女と竹林 (光文社文庫)

f:id:happysinoppy:20161111001922j:plain

 

図書館に『ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)』を借りに行ったけど表紙に釣られて借りてしまいました。結果オーライ。おもしろいです。

 

森見さんは

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

 

この本から入り

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

四畳半神話大系でお腹を空かせて

 

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

有頂天家族 (幻冬舎文庫)

 

この本でほんわかする

 

という順で読んでいました。

森見さんの独特の文体と、京都の描写が好きです。あと主人公の斜め具合ね!どれ読んでも今のところぜんぶ面白い!

 

でもペンギンハイウェイ読んでなかったからついに読むときがきました!楽しみー!

 

 

まとめ的な

 

大学生のとき戯曲は読んでいたけど小説はほとんど読むことがなくて、最近再び小説を読みたい欲が出てきてよかったな。

 

番組内で若林さんが「自分が何読んでいるか知られるの恥ずかしい」と言ってましたが、わたしも知られるの恥ずかしい本ってある!わかる!と思いました。

 

なのでそういう本はブログにはあまり載せたくないのですが、それでも自分がためになった本はシェアしたいな~と思って載せてしまいます。

 

なんか楽しかった本ってシェアしたくなるよね。
今日はたくさんシェアしてもらったので、実際にちょっとずつ読めたらいいな~と思います。

 

わたしもブログで誰かがわたしのおすすめの本を買ってくれてると嬉しい気持ちになるし、本というか、何かを見たり読んだりして共有するのって楽しいよね!と熱く語る芸人さんを見て思ったのでしたー。

 

 

なのでブログを書いている皆さんにはどんどんおすすめの小説とか本を紹介してほしいなと常日頃から思っているしののめでした。

 

 

 本は楽しい。