東京しなやか手帖

自分を、生きる人生を!

笑点は今年で50周年!『笑点50年史』が読んで楽しい。

 

今週のお題「プレゼントしたい本」

 

今わたしが一番はまっているもの。
それは、、チャンチャチャチャチャチャチャチャンチャン

 

でお馴染みの笑点です!

 

上のチャンチャチャ~が頭の中で再生された人は
あなたも立派な笑点ファンとしてカウントしたいと思います。

 

いままでもたま~~~に見ていましたが、今年になってからわたしのなかで笑点ブームが再来!

 

毎週チェックしているし、暇さえあればHuluで過去の笑点をみています。


時間も1回30分ぐらいなので「ちょっと何か観たいな」というときに笑点がちょうどいいし、面白いし、ほっこりするのでおすすめです。

 

 ただでさえこのブログから女子らしさがないし、妹からも「ばあちゃん」と呼ばれかけていますが。そんなこと気にしない。
今日は笑点の魅力を語らせてくださいー!

 

 

推しメンバー

もちろん全メンバーが好きです。
こんな祖父がいたら楽しいだろうなぁとメンバーの回答を見ながら思ってしまいます。

 

最初は社会派でダンディで腹黒な円楽師匠を好きに。
そして次は木久扇師匠。天然アホなキャラが和む。

 

そして最近は小遊三師匠のちょいエロオヤジにメロメロです。
師匠にむかってですが、可愛い…なんか可愛い… 

 

そんな小遊三師匠も最初はそういうキャラじゃなかったらしいです。
意外です。みんなキャラクターはやっていくうちにできたみたいです。
詳しくは(笑点五〇年史 を読みましょう)

 

 

司会の交代

 

最近、歌丸師匠が引退して視界に昇太師匠が就任されました。

 


世代交代は仕方がないのですがちょっと寂しい。
歌丸師匠は御年80歳。でも頭の回転も速いし、知識の幅も広いし、独自の考えもきちんと大喜利と絡めて話されていてとにかくすごい。

 

笑点五〇年史でもほかのメンバーが言っていましたがはやく人間国宝にして欲しいぐらいです!

 

昇太師匠もまだ就任したばかりなので、これから新しい笑点になるのが楽しみです(^^)一言文句をたれるならば、滑舌、、、、ぐらいでしょうか。笑

 

 

座布団10枚たまったらどうなるの?

ずっと気になっていたこと。座布団10枚たまったらどうなるのか!何がもらえるのか!ということ。

 

これも笑点五〇年史で書いてありましたが、豪華旅行だったり、とんでもなくでかい社員食堂無料券だったり、10枚目をもらった時の回答に合わせたお宝?がもらえるみたい。

 

まだ10枚たまった瞬間を見たことがないので、いつかその瞬間を見てみたい!

どのメンバーがゲットするのか見るのが楽しみです。個人的にはそうだなぁ、木久翁師匠にとってもらいたいな。

 

なぜならば商品が面白そうだから。笑

 

 

 

いつか観覧したい

笑点は一般の人が観覧できるようになっています。
定期的にHPで募集してあります。

 

タイミングが悪くて応募すらできてませんが、いつか行ってみたい!

 

 笑点50年史

 

f:id:happysinoppy:20160926214550j:plain

 

最初から露骨にアピールしていた『笑点50年史』!笑

 

笑点が少しでも好きな人にはぜひ買って読んでもらいたい1冊です。

・オールカラー
・メンバーひとりひとりへのインタビュー
・笑点の歴史
・笑点ファンの芸能人からのコメント

などなど、盛りだくさんです。

 

表紙を見た感じだと「文字ばかりなのかな?」と思いましたが
中身はこんな感じ。

 

f:id:happysinoppy:20160926215209j:plain

 

どうですか?読みたくなったでしょ!

 

写真も各ページ何枚も掲載してあります。
デザインも全ページ違ってて、凝っていて読んでいてまったく飽きません。
少し読んでいてもかなり手が混んでいることが分かります。

 

興味がなくても読んでいて「おお!そうなんだ」と思えるぐらい笑点トリビアが載っているのでぜひ機会があったら読んで欲しい1冊です。

 

 

 

 

まとめ

 

先日、たまたま通りかかったデパートで笑点フェアが行われていて!

 

すごくないですか?たまたまですよ!全然知らなかったので「好きなものを自分で自覚しているとあっちからやってきてくれるんだな」と感動しました。

 

 笑点フェアではグッズがたくさん販売してありました。
笑点50年史もそのときに発見して購入しました。

ますます笑点が好きになった私でした。

 

 チャララ~パフっ♫