読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京しなやか手帖

ティータイムをこよなく愛している20代女子のブログ。好奇心旺盛なわたしのスキルアップの毎日をお届け。

怒ることはいけないことなのか

 

怒ることはいけないことなのだろうか。

ちょっと思ったことがあったので書いてみる。

 


たしかに怒りに支配されると疲れる。

 

だから怒りに支配されないほうがいい。
ちまたではアンガーコントロールなんて言葉もある。
そのぐらいみんな日常的に怒りをかかえているみたい。

 

でも怒ることはいけないのだろうか

怒っちゃいけないのだろうか?

 

 

私は怒っていいと思う。

でも怒るにも種類が色々あると思う。

 

 

ひとつは自分が傷つけられた場合の怒り

 

対応があまりに酷すぎるとか、物理的に何かをされたとか
そういう自分自身の心や身体を馬鹿にされたり、傷つけられたときの怒り。

 

 

 

もうひとつは自分への怒りから誰彼構わず向けてしまう怒り。

 

例えば「私はこんなに働いてるのに同僚の◯◯は全然頑張らない」みたいなもの。これは相手が悪いというより自分の中にあるものに反応する怒り。

 

 

 

ひとつめはあっていいけど

ふたつめはあまりない方がいいと思う。

 

 

 

ひとつめはめちゃくちゃ怒っていいと思う。自分があきらかにぞんざいに扱われてたり、ひどい態度をとられたら怒ってもいいと思う。



怒りの瞬発力がない人は家に帰って悲しくなったりする場合があるのもこの怒り。

 

先日、市役所に行ったところあまりにも対応が酷すぎて気分が悪くなった。わたしはまだまだ怒りの瞬発力がないのでパパッと怒れない。

 

ちなみに怒鳴ると怒るのはちがう。怒るときは冷静に、でも心残りがないようにサッと怒ったほうがいいと思う。

 

 

 

ふたつめの怒りがやっかいだと思う。

 

 

自分への許しが少なくて人のことも許せなくて怒っちゃうパターン。
私もこれだったからわかるけど、とにかく疲れる。誰彼かまわず腹がたつ。

 

 

 この場合は自分の中にある怒りを出さないとすっきりしない。
だいたいが両親への怒りの場合だと思う。
怒りを受け止めてもらってないから、怒りが身体の中に溜まってしまっていて
うまくコントロール出来てないんだと思う。

 

 

もうね、怒りを溜めすぎるとぎっくり腰になったり、大量を崩すので早々と吐き出したほうがいい。

 

でもなかなか怒りを受け止めてくれる相手はいないので、紙に書くとか、カウンセリングを受けるとか、そういった方法を取るほうがいい。

 

 

このタイプの人が怒りや感情を出さずに生きていくと欝になったり、体調を壊したりします。
映画とかでも感情が溜まりに溜まった人が車の中や丘の上で叫んだりするシーンがあるよね。あれは理にかなっていて、あれをすることにより心がスッキリするんです。

 

 

だから、もう、ところかまわずイライラする人は
どこか叫べる所に行って、感情を出しまくったらいいと思う。
カラオケBOXとかかな?なかなか難しいと思うけど。

 

 

怒りもある程度出してくると、あんまり怒らなくなる。
店員の対応がちょっと悪いぐらいじゃなんとも思わなくなる。

それはたぶん、自分に寛容になったから。
自分に厳しい時はみんなに腹が立っていた。

 

 

 

まとめると、怒ることは時には必要だけど
自分でもわけわからないぐらいの怒りを抱えている人は吐き出したほうがいいよ。
っていう話でした。