東京しなやか手帖

明るく、健やかに、生きていこう

お手紙を書く【道具編】カクノの万年筆としあわせをはこぶ手紙


<スポンサードリンク>

 

お手紙っていいですよね。

デジタルが主流だからこそ、手書きの文字を書きたくなる時がある。

 

昔は年賀状を書くのが楽しみで、おくる相手によってイラストや書く内容を考えるのが楽しかったな!

 

最近はもっぱらお手紙を書く事なんてなくて。

書いても地元に居るおばあちゃん宛に書くぐらい。海外の人と文通とかしたら面白いんだろうなとも思うけど、それもなかなか難しい。

 

 

小さい頃書いたファンレター

 

そういえば小さい頃はよくファンレター書いてた。返事がきたことは1度だけ。小学生の時に読んでいたファッション雑誌のニコラのモデルさんに送ったファンレター。

 

当時流行っていたプロフィール帳の紙を送付して送ったら、それに書き込んだものとサインの返事がきた。

 

とても字が綺麗で、子供ながらに「お母さんが書いたんじゃないか」と思った記憶がある笑 めっちゃ達筆だったんですよ!笑

 

真相はわからないけど、そのときは返事がきて嬉しかったな!

 

 

感動を伝える

 

最近は本や漫画に感動することが増えて。大人になった今「これをかけるなんてすごいなぁ」と心から感心することが増えた。

 

いままでは日常生活でも「素敵だな」と思ったことを口にして相手に伝えることは少なかった。

 

でも、言われることは多くて、言われると嬉しい。

なので、わたしもできるだけ口に出して伝えたほうがなんか色んな人がハッピーになるような気がして、口に出すようにしている!

 

それはなんの分野でも同じなんじゃないか?と思うので

最近読んでいて感動した漫画の作者の人にファンレターを書く事を決めた!

 

 

そこで、まず道具を揃えてみました。

最近は色々種類があって、選ぶのが楽しかったです^^

 

 

PILOT カクノの万年筆

f:id:happysinoppy:20160901200548j:plain

 

f:id:happysinoppy:20160825190541j:plain

 

ツイッターですごいリツイートされてて知ったこの万年筆。

PILOT「Kakuno 万年筆F細字」

 

そのツイートしていた人が、このペンでものすごく上手な絵をかかれていて「すてき!」と思って買いました。

 

ただ、その人みたいに絵がうまくなるわけじゃなかったけど(あたりまえですね)

字に雰囲気が出る気がします。

 

なんか万年筆って憧れだったけど、もっと高価で使いづらいイメージだった。

でもこれは見た目もキャッチーだし、とても使いやすいです。

 

 

 

 

しあわせをはこぶ手紙

f:id:happysinoppy:20160825191009j:plain

 

 

便箋は厚めの紙が好きなんですけど、なかなかなくて。

薄いと字が書きにくいですよね!なんであんなに紙が薄いのしかないのかしら~

 

途中で「自分でレターセット作ってやる!」という思いが湧きながらも、このしあわせをはこぶ手紙というタイトルが気に入ってこちらをチョイス。

 

 

中身も可愛くて、紙も厚め。

手紙の書き方も書いてあってとてもよい。

 

f:id:happysinoppy:20160825191019j:plain

 

ひよこ可愛い。

f:id:happysinoppy:20160825191015j:plain

 

 

 

 

 手紙書いてみた

 

上記の道具を使い、とりあえずファンレター書く前に、皆さんに手紙書いてみた。

テーマは「文字」について。

 

f:id:happysinoppy:20160825191741j:plain

 

母は字がすごく綺麗なのに、そこは遺伝しないようです。

 

書いていて楽しかったです。お手紙書くのいいですね。

 

よかったらみなさんもブログに手書き文字でも書いてみてはいかが?

みなさんの字みてみたいな~

 

それでは次は「お手紙を書く【文章編】」を更新の予定です~