読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京しなやか手帖

ティータイムをこよなく愛している20代女子のブログ。好奇心旺盛なわたしのスキルアップの毎日をお届け。

太りたい私が食べないで痩せたいに思うこと。

健康的に太る方法 健康

 

「太りたい」というニッチなテーマでブログを書いていて、たまに寂しくなります。ミニマリストさんなんてブログ仲間がめっちゃいていいなーって羨ましくなるときありますよ!笑

 

私ぐらいの年頃の人で「太る」というワードでブログを書いている人に出会ったことがないです。まぁ、そりゃそうかー。

 

でもでもでも、ダイエットもマクロビオティックや断食などいろいろ経験した私だからこそ発信できることもあるよね!と思って書いてます。しかも書いてて楽しいし。

 

 

食べないで痩せるのはどうなの・・・?

 

やっぱり周りをみていると「ダイエット」「痩せる」というテーマの需要は高くて。

 

 

とくにツイッターやSNSを見ていると痩せたい女子を沢山みかけます。また、「食べないで痩せよう」としている人をみかけます。若い人。めっちゃわかります。わたしもそうしてたから。

 

でもでもでもでも一言いいたい。食べないで痩せるなんてなんのいいこともないからやめたほうがいいよ、って。

 

 

ほんと、なんのいいこともないんですよね(´・ω・`)

 

 

わたし痩せるために一時期何も食べてない時期があって。自分ではそこまで意識してなかったんですが、忙しいということもあって夕方までチョコパイ1つとか。朝おかゆだけ、とか。そんな生活をしていました。

 

 

断食だー!って言って、3日間何も食べない時もあった。

稽古で3日間毎日動きまくるのに、食べないで、過ごしてた。

それでもむくみが取れていって細い足をみると嬉しくなった。

 

 

でも、それは数日だけ。また食べれば戻ります。

一生食べないなんて無理なんだから「食べないで痩せよう」なんておかしな話なんですよね。

 

 

 

太りにくいってよくないこと

 

小さい頃から痩せていたので「どうしてそんなに痩せているの?」と聞かれていました。もちろん人よりも運動量が多かったということもありますが、太りにくい体質だったんですね。

 

でもそれってよくないこと。

 

筋肉があって燃えやすい身体ならいいけど、ガリガリで太りにくいって栄養を吸収できてないって場合もあるよね?いまはそれでいいかもしれないけど、あとあと大きな病気になったり、動くためのエネルギーが作れなくなるかもしれない。

 

わたしは栄養欠乏になって、突発性難聴にまでになったので、若い人に食べないで痩せるという選択をとって欲しくないのです。それぐらいちゃんと食べるのって大切です。

 

 

 

一口食べて涙がでた

 

女優の友達がいて。事務所に「もう少し痩せて」と言われてダイエットし始めた彼女。でも最初から折れそうなぐらいポキポキだったんです。

 

それでも少しずつ痩せていって「痩せなきゃ」というプレッシャーで食べれなくなったそう。身体はガリガリ。ふらふら。なかなか食べれない状態。

 

でもふと入ったカフェに美味しそうなオムライスがあって「これなら食べれるかも」と思って久しぶりに固形物を食べたんだって。

 

そしたらその一口が涙がでるぐらい本当に美味しかった。と彼女は話していました。

「食べない」って選択は身体にも心にもよくない選択です。

 

 

 

 

食べて健康的に痩せよう

 

女の子は「楽して痩せたい」と思う人が大半でしょう。

だから次々といろんなダイエット法がでてくる。

 

でも、食べないで痩せるのは一過性のものにすぎません。

それよりも何を食べるのか、どう運動するのかというほうに意識を向けたほうがいいと思う!そっちのほうが健康的に美しい身体になる。

 

モデルさんだって細いのがいいわけじゃなくて、本当に求められているのは全体のバランスや骨格の美しさです。それらを作るのは筋肉と少しの脂肪。

 

だから食べないで不健康の道を進むよりも、食べて動いて美しい身体を目指したほうがいいと思います。

そんなことを昔の自分を思い出しながら思いました。

 

 

 

わかるけどねー。食べないで痩せたい気持ち。でも、だめですね。甘ったれずに動きましょうっ!