東京しなやか手帖

清く明るく多趣味な20代女子のブログ。

上から目線でアドバイスしてくる妖怪アドバイス野郎


わたしは上から目線でアドバイスしてくる人が嫌いです。

妖怪アドバイス野郎と呼んでいます。

 

その妖怪は聞いてもいないのにアドバイスをしてくことが多く、その妖怪はだいたいアドバイスをする域にも達していないのが特徴です。

 

その妖怪の出没地は学校から会社、習い事までいくえに渡って色々な場所で出没します。

 

 

わたしが特に出会ったのはレッスンやミスコンの時。

 

妖怪アドバイス野郎は往々にして自分に自信を持っているので(ほんとうは自信がないから人にアドバイスするんだろうと思う)自分がまったくできなくてもすんげぇ上から目線でアドバイスしてきます。

 

「え?わたしの先生あなたじゃないんですけど」って思うし、めちゃくちゃ上手い人、仕事ができる人ならまだいいけどそうでもない人が多い。

 

「あなた先生からとんでもなく怒られてるのに私によくアドバイスしてくるわね!」と呆れちゃいます。

 

そもそもとても技術が優れている人は他人に教えようとか思わないのよね。

 

他人なんてどうでもよくて自分に集中しているから。

 

自信があることはとてもいいことだと思うですが、妖怪アドバイス野郎は無意識のうちに人にアドバイスをするフリをして、その相手の自信を下げにかかります。

 

そうです、彼らは自分に自信があるんですが、自信がないんです。

 

本当の自信って、他人なんてどうでもいい粋に達すると思うんです。自信がないからこそ、他人を攻撃しちゃうんだと思います。

 

なのでそういった妖怪に出くわしたときは、強めに態度に出ることが大事です。その妖怪は「なんか自信がなさげな人」に言うことが多いですから。

 

わたしはなかなか自分のやってることに自信がもてない時があって、そういうときに言われることが多かった。

 

本当腹ただしい。周りをみると頑張ってたり、素敵なものをもってて、謙虚な人ほどそういう人と出くわすことが多い。

 

自信を持つべき人が自信をもってないと、ちょっと悔しい気持ちになりますよね。

 

なので自信を持つことは超いいことだと思うので妖怪アドバイス野郎は無視して、自信を持って生きていっていいのです。