東京しなやか手帖

清く明るく多趣味な20代女子のブログ。

moussyの破れたジーンズを捨てた。

f:id:happysinoppy:20170220182809j:plain


______________

moussyの破れたジーンズを捨てた。


女性なら知っているだろうけど、moussyは109系のブランドで、流行を取り入れつつもシンプルで使い勝手がいいアイテムが多い。

店員さんは可愛くてスタイルがいい人が多い。綺麗なギャルブランド。といったところだろうか。

とくにジーンズは有名で、むかしからよく雑誌にも取り上げられていた(わたしはViViを読んでいたからとくにmoussyは有名だった)

その影響で、ずいぶん前にジーンズを買って着ていた。形が古くなった今も、丈を折ったりして、オフの日に着ていた。

洗っても型崩れせず、適度な伸びと、ウェストも苦しくなくてだらだらと着ていた。




しかし、ある日、そのジーンズを着た母が、こけてしまい、ジーンズに穴があいた。最初は小さな穴だった、でも履けば履くほど、穴は広がり、その穴は犬夜叉のあの弥勒(みろく)の風穴のようにどんどん広がっていった(笑)

とうとう、膝が丸見えになるぐらい穴があいていたんだが、それでも惰性でだらだらと着ていた。ダメージが流行ってるし、まぁ、いいか。ぐらいで着ていた。


でも、とうとう、きのう、そのジーンズを捨てた。

 

捨てた理由

あ、自分を大切にしていない。って思ったから。


むかし、わたしはダメージ加工が好きでダメージのあるものばかり着ていた。ときには「穴空いてるよ?笑」といじられるようなものも着ていた。

人は、そういう格好の人をきっと無意識に、雑に扱う。だって、見た目が雑だから。それはそのあとに服装をガラッと変えた時にわかったことなので間違いない。

 

穴があいている服を着ている人と、綺麗なお嬢様風の格好をしている人、あなたはどちらを大切に扱おうと思いますか?それは火を見るよりあきらか。


昨日も語ったように、自分が自分を扱っているように人は扱うし、見た目の印象は大切だ。それをわかっていながらも、なんとなーくだらだらと着ていた穴のあいたmoussyのジーンズ。

たしかにまだ着れる。着ろうと思えば。でも、捨ててとてもすっきりした。捨てたかったのに、何かがネックになっていた。

もったいないから?
まだ着れるから?
思い出があるから?

たぶん、全部だ。あと、手持ちのジーンズが少ないので捨てると不便になると思う気持ちもあった。でも、たぶん、捨てたことによって新しいものが入ると思う。



破れた洋服を女性は着ない方がいいと思う。破れているということは、あまりいい印象は持たない。

捨てるとすっきりした。なんとなーく無意識で行っていることを注意深く観察して変えていく。女性らしくなるための一歩ですね。