読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京しなやか手帖

ティータイムをこよなく愛している20代女子のブログ。好奇心旺盛なわたしのスキルアップの毎日をお届け。

人生に疲れたあなたへ「もう頑張らなくていいよ」とわたしは伝えたい。

f:id:happysinoppy:20170401000050j:plain

 

わたしがはじめて「人生に疲れた」と思ったのは5年前です。

 

ちょうど5年前の4月、東京に住んでいたわたしは一生懸命通っていた大学を泣く泣く中退しました。

 

中退し落ち込んでいるところに「もう仕送りは送れない」と親にいきなり言われ、不安から5つのアルバイトを掛け持ちしました。

 

 

わたしは小さい頃から一生懸命頑張ることが大事だと思って生きいました。両親もそういう考え方だったので上京してからはいつも「もっと頑張れ」的なことを言われていました。

 

 

授業もフル単位取り、夢に向かって勉強もし、アルバイトも同時に行う。そんなちゃんとした学生生活を送っていたところ突然の中退。

 

でも私は「頑張る」ことしか知らなかったので、落ち込む前に頑張ろうって思いました。中退してから「頑張らなくちゃ」「もっとやらなくちゃ」という言葉が頭の中をグルグル

 

頑張り方が身体を動かすことしかわからなかったし、動いていることで不安を感じなくてもいいという状態。

 

だから5つのバイトをかけもちし、時には3日間寝ないでフルタイムで働いたときもありました。頑張っている自分に酔っていたのかもしれません。

 

「お金を稼がないと。東京で生きていけない」

 

時給1000円にも満たないアルバイト。5つとも全部労働。座ることなく働き続ける毎日。

 

そんな生活は1ヶ月も続かないのが当たり前で、1ヶ月ほとんど休みなく働き続けた結果、身体を壊しました笑

 

また親との関係も悪かったので、当時は電車に乗っているだけで「ポロリ」と涙がでることもありました。

 

誰にも話を聞いてもらえない不安、東京にいきなりほおり出された不安、大学を中退したので将来への不安。とにかく不安だらけ。

 

自分の感情がうまくコントロールできずに本当にふとした時に涙が出る、悲しくなる、かと思えばめちゃくちゃ元気だったりもするという、本当に「大丈夫?」といいたくなるような精神状態でした。

 

今考えれば「欝?」と思うかもしれませんが、当時は

 

「なんでわたしはこんなに弱いんだ」「なんで全然うまくいかないんだ?」「もっと頑張れるよねわたし」

 

ということしか考えられなかったんです。

 

 

 

糸がプツリと切れた

そんな生活をしていて身体もボロボロ、心もボロボロ。

 

そのときに心から「人生に疲れた…」と思いました。なんでこんなにうまくいかないんだろうって。

 

芯から疲れきったので、東京を投げ捨ててわたしは一度実家に帰ることにしました。全てを片付けて一度実家に帰りました。

 

しかし、そこで待っていたのは親との関係性。長い年月をかけて今でこそ仲良くなりましたが、当時はまだまだ仲が悪い。

 

休みたくて実家に帰ったのに両親はなかなか休ませてくれません。クタクタなんですが、まったく休めない。ゆっくり休めたのはぎっくり腰になったときぐらい。

 

数ヶ月実家にいましたが、精神的にここにはいることができないと思い、またも東京へ。

 

弟のアパートに転がり込みました。狭い6畳に二つのベッド。

またも東京生活のはじまりです。

しかしその生活も長くは続きません。当たり前ですね笑

 

 

今、思い出しながら書いているんですがとにかくその時の記憶があまりありません。

たぶん、その時期から両親の考え方が少しずつ変わってきました。

 

両親もまぁ、いろいろありまして「頑張りすぎちゃう」ところがあって人生うまくいっていませんでした。

 

それでいろいろ勉強したり、学んだりカウンセリングを受けたりしてやっと気づいてくれたんですね「あ、頑張りすぎてるはこりゃ」って。

 

 

頑張っているを認識

 

その時期からわたしの家族の間に「頑張りすぎるからうまくいかないんだ」という考え方が新しく取り入れられました。

 

今までの生き方とは正反対です。

 

というかそもそも「わたしたち人より頑張り過ぎてないか?」と認識するところからはじまりました。

いままで「頑張ってきた」と書いてきましたが、それは自分の中の「頑張るの中の頑張る」トップオブ頑張る。

 

矛盾しているようですが、当時私は自分が「めっちゃ頑張っている」とあまり認識していなかったのです。それを認識しました。

 

たぶん働きすぎて精神がおかしくなっていると「自分が頑張っている」と認識できなくなります。なので思い当たるフシがあるあなたは十分頑張っているので受け入れましょう。

 

ちなみにこのわたしのエピソードを読んで頑張りすぎてる人は「この人に比べてまだまだ私頑張ってないな」と思いがちです。

 

ではなくて、比較するんじゃなくて、自分の心と会話しよう。

 

 

それから、頑張るの定義は人それぞれ。

 

わたしもわたしの両親も長いあいだ「頑張る=自分の気持ちを押しころし、身を削って動く」という定義でした。これじゃうまくいかないに決まっています。

 

そこから少しずつ頑張るの定義が変わっていって、最近ではもう「がんばらない」という考え方に到着しました。

 

そうやって変わっていくと同時に、わたしと両親の関係もよくなりました。

それと同時にわたしも少しずつ身体を休ませることができるようになりました。

 

頑張るのをやめたら、辛いことがどんどん減っていきました

 

 

2年間ほぼ働かずに寝ていた

 

それまでの人生で疲れすぎたのか、ほぼ毎日布団の中で眠り続けました。

 

眠っても眠っても眠いんです。半年間は本当に起きている時間は1日4時間ぐらい。それぐらい眠くて毎日眠っていました。

 

そのときやっと心から休めることができたのです。今までは休んでいたり眠っていても「親に怒られるかも」という恐怖がありました。なのできちんと休めなかった。

 

そして1年間の休みをとり

少し働いて

また1年ぐらいボーッと過ごし

 

3年かけてやっと普通に働けるぐらいまで体力も気持ちも回復したのが今です。

 

 

頑張らないと不安だけど

「頑張る」こと「動くこと」がわたしの日常だったので

頑張らないで毎日休むだけの日々は不安でいっぱいでした。

 

「同級生はこのスキにどんどん頑張っているのに」「こんなに寝てていいのだろうか」「働かなくてもいいのだろうか」

 

そんな思いが頭の中をグルグルします。

 

でも大丈夫でした。「休んでも何も失いません」

 

休むことで何かを失うんじゃないか、置いてかれるんじゃないか。

ここ数年間はそんなことを思いながら休んでいました。

 

でも大丈夫でした。

なんなら頑張ったほうが結果的にうまくいかないんだぁって分かりました。

 

例えば前に歩いている人を一生懸命走って追い越したとします、でもその先にあった信号が赤だったら結果的に追い越した人が自分に追いついた。ってことは走っても歩いてても一緒だったってことですよね。

 

いそぐんじゃなくて、今やることに集中する。それが大事です。

 

一生懸命耐えて頑張って、身体を痛めつけてすごす日々に素敵なゴールはないんです。

 

 

頑張らなくていい

わたしが一生懸命頑張って生きていたときに「頑張らなくていい」と本当のことを教えてくれる人はいませんでした。

 

あなたそれ頑張ってるよ?

そんなに頑張っても続かないし、身体を壊すし、自分を痛めつけてるだけ。

もっとゆるく自分の気持ちを受け入れてあげて。本当にあなたがしたいことはなに?

大学に行きたかった?休みたい?動きたくない?辛い?

そういう自分の気持ちをもっと聞いてあげなよ。

 

 

って言って欲しかったな~って思います。

 

そしたらこんなに身体を壊すこともなかったかもしれない。

でも、自分が頑張るのをやめたら「頑張らなくていいんだよ」って言ってくれる人がポツリと現れました。

 

1年前だけどその時にやっと本当に心の底から「あー頑張らなくていいんだ。楽しんでいいんだ」って思えました。

 

楽しむって、悪いことだと思ってたなーって気づきました。 

 

自分の心の声を聞く

 

人生に疲れたな~って思うのは

「自分の心の本当の声を聴いてあげれてないから」です。

 

疲れたな。休みたいな。眠ってたいな。

 

そんな心からの声を無視して、働いたり、頑張り続けるから「あーもう、疲れたよ!」ってなるんだと思います。

 

だからもっと自分の声を聴いてあげてください。

行動は変えられなくても気持ちを受け入れてあげるだけで少しちがいます。

 

 

わたしは両親との仲が良くなったのでまだ幸せな方だと思います。

そうもいかない人も多いと思います。環境が悪くて、頑張る自分を辞めることが難しい人もいると思います。

 

でも「人生に疲れたな」と感じたらぜひとも心の声を聴いてあげて欲しいです。

それだけなら誰でもできるから。

 

そしてぜひ、自分の気持ちに寄り添ってあげてください。

 

【社会人からの英語学習】isでつまづいたわたしの英語力と英語が苦手になった話

 

f:id:happysinoppy:20170408202808p:plain

 

この続きです。

【社会人からの英語学習】わたしが英語を勉強し直そうと思ったワケ。きっかけ編。

 

今回はわたしの英語力編。

 

 

中学1年生で英語につまづいた

 

ゆとり教育ドンピシャなわたし。しかし勉強はまぁまぁできました。クラスで上位に入るぐらい。

 

さて、中学1年生にあがり、英語の授業が始まりました。

 

おきまりの「This is a pen」から授業が始まります。

 

当時は英語なんて微塵も興味がないし、ほとんど意味がわからない状態。

わたしは思いました「isってなに?」と。

 

純粋に「isってなに!?」と思うわたし。
もやもやするので先生に聞いてみることにしました。

 

わたし「先生!isってなんですか?」

 

先生「んー?isはisです!」

 

 

┌(┌^o^)┐

 

 

その瞬間「え、意味が分からないよ…」と頭がフリーズし
わたしは英語を苦手になりました。

 

まさかisでつまづくとは…。

 

今考えればisの意味わかる。説明しづらいのもわかる。でも、先生なんだからもうちょっとうまく説明してくれればいいのにと心から思う。

 

というかわたしは中学1年生のその「isはis」と言い放った先生が嫌いで、その理由もあって英語が苦手だという意識になりました。

 

テストでまぁまぁの点はとれてても、ただ覚えただけ。理解はしてないわけです。英語だけどんどん点数が悪くなりました。

 

先生って大切だなぁ、って本当思います。

そのときに「isはね…」って教えてくれたらもっと楽しく学べたかもしれないのに。

 

 

わたしの英語力は

 

ってことで中学で英語が苦手!とつまづいたわたしは、そこから数年間英語と格闘します。

 

まったくできないし、意味がわからないのです。

テストでいい点取るためになんとなく全部ガッと覚える。それだけ。理解が追いつきませんでした。

 

SVOCとかあるじゃないですか!あれも意味がわからない。最近になってようやくわかった。

 

「この単語を形容詞に変えなさい」みたいな問題もよくわかりません。

 

とにかく英語だけは「is」で引っかかったため、なんだかうまく前に進めなくてずっと感覚だけでテストに向かっていました。

 

そういえば単語の知るっていう意味の「know」ってありますよね。

あれってカタカナで表記したら「ノウ」じゃないですか。

最初のkが無声英語だから「ノウ」

 

でもそんなこともよく分かってなかったので一生懸命「ックノウ」って読んでました。笑

 

最初に「クッッッ」って聞こえるか聞こえないかの感じで言うんです。

アホやわたしー!笑

 

 

でも、英語は好き

英語は苦手という思いを持ちながら6年間。

大学もいれたら8年間も勉強しましたが、英語自体は好きなのです。

 

中学二年生のときはHIPHOPが好きだったのでTLC(懐かしいね)とか聞いてたし

アヴィリルラビーンの歌詞をノートに写したりしていました。

 

大学に入ってからはミュージカルの歌詞を書いたり、歌ったりするようになってもっと英語が好きに。

 

それから映画、とくに洋画が大好きなので英語を聞き取るのはけっこうできるような気がします。

 

でも、やっぱりどこかで「英語苦手だな~」って意識があります。

 

苦手だな~って感じるのはやっぱり「よくわからないから」かな。感覚的に「なんとなく」はわかるんです。でも腹落ちしてないというか、「なるほど~~!」がない。

 

この「なるほど~~」が味わいたい。

 

そこで社会人になりましたが「1つ1つ亀並みのスピードでもいいから学習し直そう」と決心して、ブログに書いてみることにしたのでした。

 

 続く

 

 ちなみにレアジョブをはじめてみようと思っているよー。

【社会人からの英語学習】わたしが英語を勉強し直そうと思ったワケ。きっかけ編。

 

f:id:happysinoppy:20170408202808p:plain

 

こんにちは。しののめですっ。

 

わたし、英語の学習はじめました。

 

といっても、まだ英語の単語帳をパラパラ読む程度。

 

そしてわたしの英語力はドラゴンボールでいうと、ミスターサタンぐらいです。

 

戦闘力ひくっ!

 

目指すは魔人ぶぅ そんなわたしの英語の話を聞いてくれ~

 

 今回はきっかけ編。

 

 

英語を学ぼうと思ったきっかけ

 

そもそも、数年前から漠然と「英語、話せたらいいな~」と思っていました。

 

しかし、なかなか身にはいらず。

勉強しては止める。

勉強しては止める。

と3日坊主を何回も繰り返していたのです。テスト前の中学生かっ!

 

しかし、このたび、本格的に勉強することにしたぞー!

 

理由はいくつかあります。

 

1.外国人の観光客にめちゃくちゃ道を聞かれる

たぶん、わたしの見た目が欧米に留学に行きそうな日本人って感じだからでしょうか?とにかく外国人に道を聞かれる率が高いです。

 

歩いていても、電車に乗っていても、イヤホンをしていても話しかけられ、道を聞かれます。

 

数年前に田舎から出てきて、英語力もそこまでない私に道を聞くなんてハズレくじをひいたなっふふふ

 

って感じですが

東京の駅の複雑さの大変さはわかるので、親身になって頑張って答えます。

 

で、そのときに思うんです「ああ、英語話せたらな」って
もっと細かく案内できるのにって。

 

3.道端で仲良くなった外国人と遊ぶも、あまり会話できない

道をよく聞かれるので、その経緯で仲良くなった外国の人もいます。

 

その中の1人と気があい、なんやかんやあって遊ぶことになりました。

 

道端であった外国人と遊ぶとか怖すぎるので基本的にしません。知らない人について行っちゃダメだよーってお母さんも言ってたしね。

 

しかし喋ってて変な人じゃなかったのでFACEBOOK交換して、英語の先生をやってるとのことだったので、一応信用して後日おしゃべりしました。

 

しかし!

わたしの英語力は中学生レベル。

Do you like~~? 

 

ぐらいの英語力でしか会話ができなかったため、全然楽しくなかったです(笑)

 

ほんと、楽しくなかったなぁ。ごめんねドク。

 

相手が言っていることは聞き取れるんですが、わたしが語集力がなさすぎる。そんなこともあり、遊んだ時間は苦行の時間となりました。

 

そのときに思いました「ああ、英語できたらなぁ」って。

 

「もう帰りたい」「ごめんけどスターバックスは嫌だな」「え?髪の毛綺麗?お世辞はいいよ。」とかもスラスラ言えるのに~って。

 

↑言いたいけどうまくニュアンスが伝えられなかった言葉たち

 

 

3.大好きなハリウッド俳優にあったのにうまく話せなかった

昨年、大大大好きなハリウッド俳優が来日しました。
イベントがあったので一瞬ですがお話をする機会がありました。

 

でもね、ぜんっぜん話せなかったんです!

 

もう、ショックで。

その時の会話がこんな感じ


「ハロー ア、アイ ウィルビ「Thank you(ニコリ)」

 

ってかんじで、話す途中でどもりすぎて先に「ありがとね♡」って言われちゃったんです。

 

あーーーー!すごく好きなのに思いをを伝えられなかったー!

 

本当は

 

「いつも応援しています。これからも応援しています!」

 

ってサラッと伝えたかったのに!

 

 

 

あああああ、英語話せたらあああ

 

 

 

これがわりと今回「本気で勉強するぞー!」っと思った理由のひとつです。もうね、一生に一度の機会を、英語力で残念な結果にしたくない。

 

大好きな人に大好きと伝えたい。あぁ、かっこよかったなジェレミーレナー…!

 

3.仕事で使う

さて、今までは上記の理由以外で英語は必要ではありませんでした。

 

しかし、新しくはじめた仕事が英語ができたほうがいい職種です。

仕事中に英語を使う機会があります。

 

じゃあ、せっかくだし話せたほうが良くない?
自分の思い伝えられたほうが良くない?

 

ってかんじで「ああ、英語話せたらな」って思ったのです。

 

 

まとめ

以上がわたしの英語をあらためて社会人から勉強しようと思った理由です。

 

目指すは「英語を話せるようになること」です!

 

でも、まだ全然本格的に始めておらず「何からしたらいいのだろうか‥」状態です。勉強方法や本、オンライン英会話などネットで調べています。

 

中学生並みの英語力から話せるようになるぞ~~~!

 

→続き【社会人からの英語学習】isでつまづいた私の英語力と英語が苦手になった話 

 

 

どちらの生き方がかっこいい?『超現代語訳戦国時代』を読んで現代の生き抜き方に思い悩むで候。

 

歴史にハマってます。しののめです。

 

好きな武将はまだいません。見つけ中です。かっこいい歴史上の人物いたら教えて欲しいっ♡

 

 

ちなみに、

銀魂の銀さん
花の慶次の慶次

そんな感じのかぶき者が大好きです。

普段ヘラヘラしてるのにいざとなると強いis最強ですよねっ!

 

どちらも漫画の登場人物なので、ぜひ漫画読んで欲しい。

 

さて、先日たまたま通りかかった本屋さんで「歴史本フェア」をやっていました。

 

そこで目に付いたのが「超現代語訳戦国時代」という本です。

 

又吉先生大絶賛

 

と書いてある帯をみて即決しました。
大先生が絶賛しているなら間違いありません。


(といいつつ火花まだ読んでないです。この夜を乗り越えては読みました)

 

ブロガー風の口調が読みやすい

 

f:id:happysinoppy:20170327200312j:image

 

実際に読んでみるととっても面白かったです。

 

戦国時代っていうと教科書で2~3ページの出来事ですが、この本では面白おかしくそれを1冊の本としてまとめてあります。

 

口調はブロガー風です。

 

余計な会話劇や、余計な小話が入るのですが、だからこそ興味をそそられて面白い。

 

大先生のおっしゃるとおり、頭にするすると内容が入ってきます。

 

 

正直、ちょっぴり泣いたところもありましたし、 

日本史の授業でほとんど寝ていた私でさえわかりやすく、楽しめました♡

 

 

しかも、面白いので覚えにくい名前もするすると頭に入ってきます。

 

高校生のときに出会いたかったー!!!!と心から思いました。

 

 

それにしても、なんで高校の日本史の授業ってあんなに眠いんでしょうか…


徳川家13代全員覚えろとか興味ないのに覚えれるわけないっ!
テストで13人の名前全員書かせるのやめてよ~って心から思っていました。

 


プリキュア歴代シリーズの声優の名前全員覚えられますか?って感じですよね。

 

 

そんな感じで、まったく歴史に興味なく、日本史が嫌いだった私でさえ楽しめましたよ。

 

これ読んでから徳川13人覚えろって言われたら覚えられるかも。興味沸いたから。

 

 

とくに会話劇がツボ。

絶対言わないでしょwという会話なのに、武将同士の関係性がにじみ出てきて、頭の中で想像しやすいです。

 

っていうか書いてて楽しかったんだろうな笑
ってぐらい楽しく会話劇が書いてあります。

 

ただ、読んでいるとあまりにも口語調でギャグ連発なので、ずっとお笑い芸人さんと話している気分になり「う、うるせぇな」と思ったりもしました笑

 

それはそのはず、作者はお笑い芸人さんです。

 

ところどころ入るツッコミが面白いので、巻末の経歴みてみたら「ツッコミ担当」って書いてありました。やはり( ̄ー ̄)

 

 

戦国時代を現代に置き換えて思い悩むで候

 

そんな風に楽しく読んだんですが、読んでいて思ったことがありました。

 

それぞれの武将の生き方についてです。

 

例えば

恩があるからという理由で不利だけど最後まで主のもとで戦う武将もいます


逆に、

戦国の世の中をうまく生き抜くためにその時有利な方に味方する武将もいます

 

話を読んでいると

 

「最後まで主のために戦ってかっこいい。自分の信念を守っててかっこいい」

 

って気持ちと

 

「でも、賢く生き抜いたほうがいいでしょ。信念を曲げてでも守るものがある」

 

って気持ちが湧いてきます。

 

 

これって現代にも言えることじゃないですか?

 

例えば「めちゃくちゃ自分の信念に反することがあったので、この会社やめてやる!」っていうのもかっこいいし

 

「めちゃくちゃ自分の信念に反することがあったけど、自分の生活(または夢)を守るためにも辞めないで粘ってやる」

 

っていう生き方もありだし。

 

どっちもあり。

 

 

ちなみに、私も以前こういうことがあって。

わたしは後者を取りました。

 

 

自分の信念に反する。

めっちゃ腹立つ。

でもここでやめたら今までの苦労がパーだ。

やめないぞ!

 

 

自分の信念には嘘をついて、違うものを守りました。

 

 

そのときの選択が果たしてよかったのかどうか。今でも時々思い悩みます。

正解はないです。

だからこそ、あのときはあれでよかった!って言ってるけど

 

 

「ここでやめてやる!」って言えるぐらいの強さも欲しかったなと、思うときもあります。

 

 

燃えよ剣の新選組の土方なんかはそれがすごくって。

最後まで主のために戦いました。

 

それがかっこいいなーって思ったから、自分が同じ立場なら、、、と考えてしまうのです。

 

まとめ

この悩みに答えはないような気がします。

 

でも自分で「かっこいいなー」の方の選択ができるぐらい、強くなれたらいいなーっても思う。

 

日本史を学んでたはずなのに、思わぬところで考えさせられる。

だから学びって面白いなーって思いました。

 

歴史は学べば学ぶほど面白いよ

 

 関連書籍

 

 

 

 

 関連記事