読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京しなやか手帖

ティータイムをこよなく愛している20代女子のブログ。好奇心旺盛なわたしのスキルアップの毎日をお届け。

26歳で初めて知ったことがある。

 

 

先日26歳になりました。

 

 

26年間とにかく落ち着いた日々がなくて

 

朝は同じ時間に起きて学校に行って、帰ってきて、それなりに宿題などをして、それなりに自分の時間を持ちながら、寝て、起きて…

 

の淡々とした繰り返しの日々をしたことがなかったんです。

 

 

理由の一つとして家庭環境が原因なんだけど

とにかく毎日ハラハラしていたし

不安を漠然と抱えていたし、ストレスも感じてたし

子供が抱えるようなことではない悩みなんかも抱えていた。

 

 

 

同じ時間に起きて、同じような毎日を過ごして

毎日同じような心持ちで過ごしたことがなかった。

 

 

 

「あぁ、暇だな~」なんて思ったことも実は26年間なかった。

 

「ああ、今日は何もなくていい一日だった」って安心して終わる日なんてなかった。

 

 

 

 

でも26歳にしてようやくわたしは「淡々とした日々」っていうものを手に入れた。

 

 

 

お金に困ることもなくなったし

 

扉の向こうから両親の喧嘩の声が聞こえてくることもないし

 

家族の揉め事に巻き込まれる恐れもない

 

弟や妹の世話に明け暮れなくてもいい

 

 

 

自分の時間が持てて

 

自分のことだけを考えることができる

 

 

 

 

これがとても快適で大変驚いた。

 

同じ時間に起きて、同じ時間働いて、同じ時間に寝る。

 

 

ありふれた毎日だけど、小さい時から叶わなかったぶん、普通に何の不安も悲しみもなく生きれる今がかなり幸せ。

 

 

この生活を手に入れて1年ぐらいで、実感したのが最近なんだけど

みんな小さい頃からこんな生活をしていたのかーと思うと羨ましくもある。

 

 

そして初めて「暇だな」みたいな漠然とした気持ちも湧き上がった。

 

これが「暇だな」「なんか面白いことないかな」って感情なのかと。

 

 

 

 

話は変わるけど、最近海外ドラマの「ウォーキングデッド」にはまっている。

 

昔なら絶対に観ることはなかったゾンビドラマ。けっこーグロイ。

 

 

なんで最近になって見始めたんだろ?って考えたら「ああ、自分の心が平穏だからかも」って結論にたどり着いた。

 

 

以前は日常生活でハラハラドキドキしていたので、正直ドラマや映画でまでハラハラドキドキするなんてアホだな。と思っていた。

 

 

でも、平穏な淡々とした日々を手に入れて「ああ、なるほど。だからみんな観るのか」と妙に納得した。

 

 

 

淡々とした生活に少しのハラハラドキドキをドラマなどで取り入れて

人は毎日飽きないようにしているのかもな、って。

 

 

 

ってことでわたしの憧れだった淡々とした毎日ってものをわたしは手に入れられているようである。

 

 

 

さて、改めて振り返ると、面白い人生だな~~って思うんだけど

 

数年前まで心にあった「なんでわたしばっかり」みたいな気持ちは薄まっていて

とにかくこれからがとても楽しみで仕方がない。

 

 

今の淡々とした生活もいずれ飽きが来てしまうのかもしれないけど

 

今後は違う意味で

 

(イケメンに出会って)ドキドキしたり

 

(イケメンに迫られて)ハラハラしたり 

 

してみたい笑

 

 

26歳はこんな感じでスタートです。

 

 

 

ミュシャ展のスラヴ叙事詩の壮大さに心奪われ「すごい」という言葉しか出てこない。

 

ブログにも書きましたが、数ヶ月以上前から心待ちにしていたミュシャ展に行ってきました。

 

GWから夏休み前に行きたい東京の美術展3つ。 

 

さすがにGWは混むので避けて、普通の平日に妹と行ってきた。

平日休みで…よかった!(ブルゾンちえみ風)

 

 

国立新美術館

 

場所は国立新美術館。めちゃくちゃ晴れていて、お散歩するのも最高の1日となった。

 

 

f:id:happysinoppy:20170507112951j:image

 

入口にミュシャ展の看板があるも、隣の草間彌生の仰々しさに目を奪われる。

帰りにsnowのアプリで、草間彌生と顔を入れ替えて遊んだらお腹がよじれるほど面白かったので、おすすめしたい。

 

国立新美術館は東京に出てきてから、学生のうちから何度も足を運んでいる。

 

東京のおしゃれな建物はすべて安藤忠雄が設計しているではないか、と勝手に思っていましたが、国立新美術館は黒川 紀章という方の設計でした。

 

開放感がある建物で、来るたびに「素敵だな~」と思ってしまいます。

 

 

スラヴ叙事詩の感想

今回のミュシャ展の見所は「スラヴ叙事詩」。

ミュシャが生まれたチェコ国外初公開作品。

 

とにかく大きい!と聞いていたので

 

行きの道で妹と「あの看板よりも大きいのかな?」「あの看板ぐらいかな?」とビックエコーの大きな看板を指差して、スラブ叙事詩の大きさを想像していましたが

 

思っていたのの3倍ぐらい大きくて、驚きました。

 

 

一体どうやって描いたのか?描くのにどのぐらいの年月がかかったのか?など疑問がとまりません。あと、どうやって運んだんだろうね。船かな?飛行機かな?

 

コンテナにいれて船で運んだのかもね、という意見で終わりましたが

もし途中ですり替えられたら?と映画的展開を予想し盛り上がりました。

 

でもすり替えるのも大変なぐらい大きい作品なので、無理だね。モナリザぐらいの大きさならいけるかもしれないけど、って予想で終わりました。

 

 

そんぐらい大きい作品でした。

 

 

 

スラブ叙事詩は20枚の絵で構成されています。

いわば20枚の絵で描く、チェコ民族の神話なのです。

 

ミュシャがコマーシャルアートを捨てて、アメリカに渡り、パトロンを見つけ、20年あまりを費やし描いたスラブ叙事詩。その絵のパワーは凄かったです。

 

20枚の絵を見ていて思ったのはとても舞台的だなということ。

 

絵をみると、スポットライトがあったたような光の使い方など、まるで舞台の1シーンを切り抜いたかのような臨場感です。

 

のちほど図録を読むとやはり舞台的な効果を用いて描いてあるそう。

 

1枚、2枚と見るたびに、チェコの神話なんて全く知りませんが全部にストーリーを感じることができます。

 

 

なんかとにかく壮大すぎてボーッと眺めるだけでも、面白かったです。ディテールが凄すぎて、近づいてみたり、遠のいてみたりしましたが、「すごい」って言葉しか出てこないぐらいすごかったです。

 

 

写真を撮っていいコーナーがありましたが、絵の持つパワーが凄すぎて「写真に収めるのはもったいないな」と感じたのであまり撮りませんでした。

 

ネットに見に行った感想でスラブ叙事詩の写真がアップされていますが、写真じゃなくて本物をみると全然印象がちがいます。

 

別に写真を撮るコーナーいらないんじゃないかな?と思いましたが、集客効果があって、たくさんの人が見に来るならいいのかも。

 

 

アートと神話や宗教って密接に関係しているんだろうな、とあらためて感じたので

ギリシャ神話や宗教についてもう少し学んで見たくなりました。

 

そういった知識があると、また見ていて面白いんだろうな。

 

 

今はとにかく「すごい」という言葉しか出てきませんので、すごい、で終わります。 

 

 

コマーシャルアートのミュシャ

 

スラブ叙事詩を見終えたら、コマーシャルアートの展示へ。

 

私たちが見知っているミュシャの絵がたくさんありました。

とくに「四大芸術」が素敵だったな~。わたしは詩が気に入りました。ポストカードものちほどゲットしました。

 

それから舞台ポスターも素敵だった。現代にあんなポスターあったら見に行きたくなっちゃう。

 

ほとんど女性がメインの絵ばかりですが、その女性を彩る装飾が可愛いんですよね。お花とか鳥とか、とにかく可愛い。

 

ずっとミュシャのことを女だと勘違いしていて、最近「男性だった」と気づいたんですが、こんな感覚もありつつ、スラブ叙事詩も描けるんだなぁ。

 

とやっぱり最後には「すごい」って言葉しか出てこない、すごく素敵な展示物ばかりでした。

 

 

図録

ミュシャ展の図録を買おうと思いましたが、その場で買うのはやめて

青山ブックセンターに行きました。

 

するといくつかミュシャの図録が出ていたのですが、すべてを手に取りパラパラ見ていると、色合いや、装丁がとってもかわいかったのでこちらを手に入れました。

 

 

 

f:id:happysinoppy:20170507125404j:plain

 

f:id:happysinoppy:20170507125407j:plain

 

みてー!めっちゃ可愛くないですか?可愛い。

 

ミュシャ展のオリジナルの図録は英語で書いてあるページが多くて「んー」って感じでしたが

 

この「アルフォンスミュシャの世界 2つのおとぎの国への旅」は表紙は銀色の箔押しでめちゃくちゃ可愛いし、中身も見やすく、絵もたくさん乗っていたのでこっちを記念に買いました。

 

可愛いだけではなく、ミュシャについて詳しく書かれているので勉強にもなります。

 

 

物販の話

 

ちなみにミュシャ展の物販は、めちゃくちゃ混んでます。品揃えがその日によりないものもあるそうです。お目当てのチケットフォルダーはその日は売り切れだったので、ポストカードやしおりなどたくさん買いました。

 

物販は3個まで、と決めていましたが、実物を見たあとですから、大幅に3個をオーバーして帰宅しました。

 

とりあえずポストカードを壁に貼ろう。

 

 

 まとめ

f:id:happysinoppy:20170507112917j:plain

 

今回、ちゃんとスケジュールを決めて見に行けてよかったです。

 

ほかにも見に行きたい展示たくさんあるけど、ミュシャ展、素敵な時間でした。

 

見ないとわからないことがたくさんあるね。

6月5日まであるのでぜひ見に行ってほしいな。

 

 

おまけ

ランチはミュシャ展と並行して楽しみにしていた「海南鶏飯食堂」に。麻生と六本木の間にあります。

 

めっちゃ美味しかった。 

 

f:id:happysinoppy:20170507112927j:image 

 

 

疲れている時に行動することと、急いで何かをすることはやめようと誓った。

 

これは自分記録なんだけど、疲れてるときは何もしない方がいいな、とあらためて思うような出来事がおこった。

 

わたしは疲れていても、結果のためについつい行動してしまうんだけど、それがうまくいったことがない。なんなら悪い結果になる。たぶん疲れてるから。

 

潜在的に「やりたくないな」っておもって、やることってうまくいかないのかも。

 

それを無視して、一昨日は買ったばかりのワンピースを一度も着ることもなく捨てなければいけないような状況にしてしまった。

 

ちょっと急いでいて、そして疲れていて、それでも結果に向かって行動を起こした結果がこれ。

 

未だに落ち込んでいて、テンションをあげるべく、美味しいもの食べたり、好きな音楽を聴いたりしてみるんだけどなかなかテンションはあがらない。

 

その場で一瞬は楽しくなるけど、ワンピースのことを思い出して暗い気持ちになってしまうのだ。

 

まぁ、こんな感じで本当にわたしはアホだな。と思うことが、定期的にやってくる。

 

そう、わたしはアホなんだよー。

疲れてるのに行動し、思い切りのよい行動をし、結果悪いことになるという。泣きたい!

 

でも、師匠がいつもいう「明るいアホになれ」という言葉を思い出して、いつまでもジメジメ暗くならず前を向いて明るく考えようと思う。

 

アホはアホなりに、これで学んで今後の人生に活かそうと思います。

 

そんでもって、やっぱり今までのことを思い返すと

急いで何かをすることと、疲れている時に行動することはよくないです。

 

急がない、待つの。

 

ブルゾンちえみのセリフが脳内に何度も響き渡る、そんなゴールデンウィーク。

 

焦りは禁物、待ちましょう。

 

 

 

『炭水化物は人類を滅ぼす』夏井睦先生の「新しい食と健康のお話」を聞いてきました。

 

昨年書いた記事をアップしていなかったので今更ですがアップしてみます。

糖質制限についての講演会にいった話です。

 

※糖質制限は個人差があると思うので、ご自分で考えてやってみてください。

 

------------

 

糖質を減らし、タンパク質を増やした食生活にしてはや8ヶ月。

 

情報を集める前からゆるゆる~~とやっていましたが

詳しい話も知りたいなと思ったので『炭水化物が人類を滅ぼす』という書籍でお馴染みの夏井睦先生のお話を聞きに行きました。

 

 

行って思ったことは百聞は一見に如かずということでしょうか!

 

 

糖質制限ってネットにいろいろ情報がのってるけど真偽は不明。

 

でも今回、直接先生からお話をきいて、なぜ糖質を制限したほうがいいのか、糖質制限の効果というのをきちんと知ることができ、よかったです。

 

 

詳しい情報も書いていきたいと思いますが情報量がすごかったので!!!

それは後日、少しずつまとめていきたいと思っています。

 

 

この記事では実際に話を聞いてみて、面白いなと思ったところをかいつまんでまとめてみようと思います。

 

 

講演会感想

 

面白かったです。会場も綺麗でよかった。

夏井先生は60代とは思えないぐらい若くてイキイキされてました。

 

いままでいろいろなセミナーとか講演会に行ってきたんですが、内容は別として話すのがお上手だなぁ~と感じました。

 

いつも眠くなってしまうのに聞き入ってしまった。自分が興味のあることだからかもしれませんが、楽しかったです。

 

ネットで発信するのが上手な人って実際に会ってみると「なんじゃこりゃ」みたいな人が多くて、スライドとか資料とかも「え?これ?もっとちゃんとして!」という人が多いのですが

 

スライドも見やすくて話も面白くて、内容も情報量も盛り沢山だし、いうことなし。講演として満足でした。

 

 

印象深かった言葉たち

 

・ジョコビッチの実家がピザ屋

・ドイツのジュニアリーグではタンパク質中心のご飯になっている

・若い人は糖質を制限するだけでニキビがピタリととまる

・集中力がアップして早稲田にE判定から半年で合格した高校生の話

・脂肪を食べて太るのは炭水化物を食べるときだけ

・好きなだけ食べていい⇒自分の調子がいい量⇒自分の声をきけ

 

 

糖質制限について夏井先生が「やりたい人はやればいいし、やりたくない人はやらないでいい」という感じのスタンス。

 

 

あと何度もおっしゃっていた

「数字はあまり気にしないで体調がよければいいんじゃない」

 

わたしはパンばっかり食べてた時よりもあきらかに調子がいいので、ゆるゆると続けています。

体重はひとつの目安として記録していますが、今後は体調をもっと細かく観察していこうと思いました。

 

 

 

あ、あと

「スポーツとか運動とかやったほうがいいですか?」という質問に

「楽しければやればいいと思います」と答えてて、たしかにーそうだなぁと思いました。

 

そっちのほうがメンタルによさそう。

 

結局最終的には「食べたいから食べる」「やりたいからやる」「楽しいからやる」というメンタルが一番健康的な気がする。 

 

 

糖質制限をすると太っている人は痩せて、痩せている人は太れる

 

糖質制限=ダイエットと捉えがちですが

ガリガリな人が糖質制限をすると太るそうです。

 

わたしもそのパターンで順調に太っています。

 

だいたい皆さん22歳~23歳あたりの体型になるそう。

 

 

「糖質制限をはじめて3キロ太りました。あと5キロ太りたいんですが、そのぐらい太っていくものでしょうか?」と質問したところ

 

「体型や体重よりも自分の体調がいいならいいんじゃないか。それがあなたの適正体重だと思うよ」とのこと。

 

なんか腑に落ちました。たしかに体調さえよくなれば別に何キロでもいいかー!と思えました。数字に縛られがちですよね。

 

 

また摂食障害で体重が30キロ代になった女性が

糖質制限をはじめたらやっと太り始めて

 

太ったことにより(といってもまだまだ痩せているそうですが)

体力もできて、明るくなったし、やりたいことをやれるようになったそうです。

 

わたしも痩せすぎて体力がなくなっちゃって自分にイライラしたことあるので、その気持ちわかるなぁ。

 

 

自分で考えてみる

話を聞いてみて、実践して自分で感じることって大切だなぁと感じました。

 

ちなみに講演会の内容について気になる人はこちらのサイト
http://www.wound-treatment.jp/slide.htm
の「糖質制限60分バージョン」を見てみてください。
講演会に使われてたスライドショーをそのままアップロードしてあります。

 

とりあえずやってみて、自分の体調と向き合いながら実践するのがいいんだろうなー。